健康のためには食べ過ぎないことを意識する

私が健康のためにやっていることは、まず第一に食べ過ぎないということです。私は元々食べることが大好きで、特にストレスが溜まった時なんかは美味しいものを沢山食べて気分を紛らわせていました。しかし当たり前ですが食べ過ぎると胃が重く、胸やけをおこして起床時から体がだるく感じることも頻繁にありました。そのため、このままでは駄目だと思い、ある日思い切って一日断食をしてみました。そうしたら今まで重く感じていた体が嘘のように軽く感じ、私は今までどれだけ食べすぎていたのだろうと反省しました。後からわかったことですが、食べ物の消化と吸収にはとてもエネルギーが必要とされるそうです。
必要以上の量を食べることは体調不良を招いたり、生活習慣病の原因にもなってしまうとのことで、これを知った私はそれ以降腹八分目の食事を心掛けるようになりました。そうしたら以前は毎日のように感じていた胃の不快感や体のだるさがなくなりました。食べ過ぎないこと、腹八分目の食事を心掛けることは健康のためにおすすめです。

PR|本棚の仕切りかんたんに追加

コメントを残す