できる限り旬の野菜を食べるようにしています

あまり野菜が好きではない家族なため、食卓にあまり野菜がたくさん並ぶことがありません。しかし、野菜をとることの大切さを子供たちにも知ってもらいため、毎食、最低でも1−2品の野菜料理をできる限り出すようにしています。その野菜は、その時期の旬のものを取り入れるようにしています。なぜ、旬の野菜が、大切かを子供たちに教えたいこともありますが、旬の野菜は、その時期に食べることで、健康を保つことができると言われているからです。冬の野菜は、体を温める効果があり、夏の野菜は、体を冷やす作用があることが多く、その時期に本当にあっている旬の野菜は、健康を保つためにはとても大事だと思います。冬は、寒い日が続くので、体を温めるためにも冬野菜をお鍋料理にし、体の中から温めています。洋服などを着て、外側ばかり温めがちな冬ですが、実は、体は内臓から温めることがとても大事です。内臓から温めることで、免疫力を上げて、風邪知らずの冬を過ごしています。

PR|フェイシャルエステで小顔

 

コメントを残す