不摂生を避け、生を養う秘訣

まず健康とゆうのは日々の不摂生を回避して、生きる力を養うことに尽きると思います。その為には、まず食事管理ですが何といっても玄米菜食に限ると思います。

玄米は白米よりも栄養価が優れ、バランスも良いのでオススメですし、野菜を取ることでビタミンの摂取もしっかりとします。

問題はそこで動物性たんぱくを取ってしまうと、消化がうまく行かなくなり、腸内で腐敗発酵しやすくなるので、肉類はできるだけ少な目にが理想です。

若い内は動物性や肉類を食べても問題がなくても、年を取ってからは非常に悪く、老化を促進しますし、病んでおれば腸内で腐敗し、病が悪化します。

また動物性タンパクは腎臓に負担をかけるのですが、どうなるかと言うと肉類は排泄する際には必ず腎臓を、通過しないと排泄できません。

その排泄する際に腎臓からはアルカリを奪って酸が残る形になるので、酸の中毒になり、痛風や疲労、その他、疾病の原因にもなります。肉体は酸に傾くと骨や歯からアルカリを奪ってバランスを保とうとしますから、そうゆう意味でも動物性タンパクは良くないです。取るなら植物性タンパク質の豆類が良いかと思います。

PR|壁一面本棚にしたい方はこちら

 

 

コメントを残す