病気を理解することの難しさ

PR|引越しのゴミ整理なら七福神へ栃木のがん治療でオススメ栃木県内で薄毛治療口コミ銀座でメタボ解消ダイエットマツエク商材の専門店頭を良くする方法をお届けするサイト 梅田の最先端治療を行AGAクリニック

よく、健康第一と言いますが、これは本当にそうだと心の底から思っています。健康でなければ勉強も仕事も遊びも何もできないのですから。しかし、意外とこれがわかっていないのではと思う人も私の周りにいます。


私は体が弱い方で、小学生のことから健康になりたいと望んできました。だから痛みや苦しみを持っている人がいるとどうしたらいいかわかるのですが、私と同年代の人は、自分で言うのもおかしいですが、まだ若いからか私の体調不良をなかなか理解してくれません。嫌でも人生経験が豊富になる年上の方は比較的理解してくれるように思います。

独身時代は自炊はしていたものの、パスタや肉料理などの洋風料理が多く、家でも週に3回程、ワインを飲む生活をしておりました。ワインは一度にグラス2~3杯程度、仕事中は紅茶やコーヒーを飲む生活でした。健康面は、たまに背中の左が痛むことがあり、膵臓が弱っていると診断されたことがあります。血管年齢は40歳と診断されました(当時の実年齢34歳)。

結婚してからの食生活は大きく変わりました。夫が肉が食べられず、健康的なものが好きなためです。
ご飯は小豆、黒豆、ひえ、粟を加えた無農薬玄米ご飯、毎日味噌汁(自家製味噌)を飲み、和食が殆どです。ぬか漬けや浅漬けを作るようになり、タンパク質は魚介類や卵、大豆から摂取し、野菜が多い食事に変えました。添加物の多い食品は買わないようにし、カレーやシチューもルウは使用せずに小麦粉とバターを使って作るなど、手作りすることが増えました。


白湯を毎朝作り、水筒に入れて仕事中飲んでおりました。
毎朝トーストだった朝食も、週5日はお粥にしました。肉は、外食の際に食べる程度です。

このような生活をして1年半、背中が痛くなることはなくなり、血管年齢は33歳になりました。


現在36歳です。お通じも良くなりました。子どもにも恵まれ、私の様な体質にならないように食事で補えない栄養はドクターデキスギはDHA・EPAのサプリを飲ませようと思っています。 様々な健康食品が次々とメディアに紹介されますが、やはり私達の体を作るのは毎日の食事であり、野菜中心の和食が非常に健康効果が高いことを身をもって実感しました。この食生活をこれからも続けていきます。


でも誰かと待ち合わせて遊ぶことができないのですが、SNSなどに何気ない文を投稿すると、遊びの誘いが来ます。とてもありがたいことなのですが、断るのが辛いのと、前にこれを話したのにな、もう治ったと思われたのかなと少しショックを受けます。それからはSNSでの投稿を控えました。こういう人もいるんだと、広い目で見られる人がいてくれれば生きやすいです。

PR|SEOアクセスアップ相互リンク集内職 アルバイトクレジットカードの即日発行じゃけん女性向けエステ.com英語上達の秘訣英語上達の秘訣

コメントを残す