治療後も検査の継続を

8年ほど前、父が癌になりました。悪性の肺癌でしたが、幸いなことに早期の発見だったため、手術、抗癌剤治療を行い、現在も元気でいます。
手術で腫瘍を摘出し、手術をしても取り切れなかった癌細胞を抗癌剤治療で無くすという方針でした。抗癌剤は体の免疫力が衰えるため、虫歯の治療や、怪我をしないように気を付ける必要がありました。
抗癌剤治療の後も、三か月に一度、病院で検査をしています。一般的には治療後、5年間は検査をし、その後は再発の心配がないと考えるそうですが、担当医の方針で現在も検査は続けています。昨年、癌が再発した可能性があると言われたときは気が気ではなかったですが、担当医が信頼できるので、きっと大丈夫と思うことができました。その後の検査で癌でないことも分かりましたが、治療が終わっても検査を継続する風潮は広まったほうが良いと思います。また、父は現在も生きていますが、そうでない可能性もたくさん考えました。その際、担当医が信頼できるか否かが、後悔に繋がると思います。

PR|エステで男性の背中シェービング

コメントを残す