養生訓とは生を養うとゆうこと

生を養うとは生命力を高めるとゆう事ですが、そうすることで健康を維持できると思います。

じゃあ具体的な手段は?となりますが、江戸時代に貝原益軒とゆう人がおり、「腰を据えて丹田に気を集めるべし」と言っています。分かりやすく言うと姿勢を正して、腹式呼吸をやり、腹に精力を蓄積しなさいよとゆうことです。

手段を述べますと座禅などがいいと思います。一日、30分前後でもいいから自分と向き合って調身、調息、調心をやるのです。まず調身で姿勢を正して、調息で腹で大きく腹式呼吸を…適度に腹圧が掛かるように行う。

それらを繰り返していると調心と言って、最後には精神的に安定してくるので、座禅は健康的に良い手段になります。

何も座禅だけではなく、姿勢を正したり、腹式呼吸をやるのは立ってもできますから、行住坐臥どれでも、いつでもやれるのです。

姿勢を正し、呼吸を正すとセロトニン神経が活性化されますから、活発になりますし、睡眠状態も良くなります。

コメントを残す