「がん」カテゴリーアーカイブ

義父の肝臓がん

義父が肝臓がんで亡くなって、10年以上経ちました。
1年近くの闘病生活の中でした。
病院に入院して悔やんでいたのは、悩めに健康診断をキチンと受けていれば良かったということです。
この時に受けていれば、まだ助かる可能性があったかもしれないということです。
仕事もまた現役で頑張っていた最中の肝臓がんでした。
学校の校長に就任したばかりで、仕事が多忙で健康診断を受けていなかったのでした。
そのために、がんの発見が遅れて入院となりました。
幸いがん保険は、いくつか入っていたことから、経済面で苦労をすることがなかったのですが、それでも本人は悔やんでも悔やみ切れなかったと思います。
健康診断で早期発見・手術で助かった人も知人の中にいたので、ますますその気持ちは強かったと思います。
最後は安らかに目を閉じたのですが、後に残った義母は、1年間、ずっと付きっきりで介護をしていたのですから、とても、とても大変だったと思います。
がんは少しでも早く発見できるように定期検診等を受けることが大事です。